アドセンス合格!複数サイト追加に審査が入るようになったので要注意!

ブログ運営
スポンサーリンク

Google AdSense(アドセンス)に合格しました!!

 

このブログじゃないブログで合格しました。

いわゆる審査用に作ったブログで合格したのですが、タイトルの通り複数サイトを追加するには審査というか、チェックが入る仕様に変わっていました。 

つまり審査用のためだけにブログを作るとか、時間の無駄だったわけです…

どうせ追加するサイトは全てGoogle様のチェックが入りますからね。

 

ちなみに追加でチェックをしてもらい、このブログもアドセンスの承認が出ました。よかった!

というわけで、私のような情報弱者を生まないためにも、微力ながら情報発信をしようと思います。

 

この記事では、私が「アドセンスに初めて申請→合格→2つ目のサイトを追加申請→合格」までの流れをまとめています。

Googleアドセンスのヘルプにも追加サイトの確認をすると書いてあった

新サイトを追加する際にGoogleがチェックするという案内は、Googleアドセンスのヘルプにも書いてありました。↓

新しいサイトが追加されると、広告を表示できる状態かどうか、Google 側でサイトのチェックを行います。たとえば、サイト運営者様ご自身のサイトであるかどうか、サイトが AdSense のプログラム ポリシーに準拠しているかどうかなどを確認させていただきます。この手続きは通常 1 日未満で完了しますが、それより長い時間がかかることもあります。チェックが完了し、サイトに広告を表示できる状態になりましたらお知らせいたします。Adsenseヘルプ 

どうやら2018年10月以降にAdsense(アドセンス)を導入した人は、この仕様になっているらしいのです。

10月といえば私がアドセンスに申請した月。もっと、よくよく調べておくべきだった…。

私はこう思っておりました。↓

Googleアドセンスは、ひとつのブログの審査が通ってしまえばOK!
自分の運営する複数ブログがあれば承認不要で、複数のブログすべてにアドセンス広告を貼り付けることができる。

と、このような古い認識のまま審査用ブログを作ってしまったわけです。

 

なぜ、このヨムログ(当ブログ)で審査しなかったのかというと、記事数が少なすぎたのと全体的に自信がなかったからです。

Googleアドセンスの審査は厳しいとか、また落ちた!とか、いろいろと言われてるじゃないですか。難しそうだなーと思って、自信が持てなかったんですよ。

でも、早く導入してみたい!というわけで、無難な審査用ブログをつくることにしたのです。

※無駄骨になるので、これからアドセンスを申請する人はマネしないでくださいね。

 

Adsense(アドセンス)に合格した最初のブログ

さて、これからGoogleアドセンスを申請しようと考えてる方の参考になればいいのですが、私が最初に申請したブログはこんな感じでした。

内容は読書感想文ブログ。
昔からPCにオフラインでつけていた個人的な読書記録をちょっと編集して、多少は他人も読めるように直したものです。

ベースになる文章はたくさんあったので、最初から記事を多く入れることができました。

申請時
・開設から5日目くらい
・かなり質素なデザイン
・記事数15
・1記事あたりの文字数1500字前後
・アフィリエイトリンクなし
・プライバシーポリシー&お問合せは設置済

申請後、アドセンスから連絡がこない。

そうとう放置され…いや開設したてだったので試されていたのか、なんの通知も来なかったんですよね。忘れ去られたのかと思うくらい。

なんと、審査通過のお知らせである「おめでとうメール」が来たのは申請から17日後のことでした。長い!遅い!

数時間とか一日で通る人もいるというのに。

私の審査用ブログがあまりにも味気なく、誰も見てなさそうな感じだったからかもしれません。

 

その17日の間にしたことは、記事数を増やしたくらい。

申請中
・記事+5
・本のアフィリエイトリンクを貼る
・少しだけデザインを整える

 

晴れて合格!!

自分も存在を忘れていたくらい放置されていましたので、不意打ちのおめでとうメールは本当に嬉しかったです

サイトデザインは申請前にある程度、整えてから申請した方が良かったと反省。他の方の「アドセンス合格報告」を見てみると、合格が早い人はワードプレスの有料テーマを使用していたり、ブログの体裁が整っている気がします。

 

アドセンスの審査結果が来ない人へ

アドセンスの審査結果が来ない方は、不安だと思います。わたしも17日待ちましたので、あきらめモードでした。お気持ち、お察しします。

審査を申し込むと、このような案内が表示されます。

お客様のサイトを審査しています。サイトの審査には最大で3日間かかります。審査が完了次第、メールでお知らせいたします。

3日間です。しかも、最大で。

 

この3日間は、「まだかなー」なんてメールチェックを頻繁にしたり、アドセンスのサイトを確認したり、わくわくしてたんです。

 

それが、こない!

全然、おとさたなし!!

 

5日も経過すると、あまりにも連絡が来ないので何か間違えたのかと不安になりますよね。

当時は、「アドセンス 審査 連絡ない」とかで検索してました。

すると、けっこう他にも待たされている方がいるみたいで、2週間かかったとか、それ以上とか書いてあるのを読んだのです。同士がこんなにいる!


それなら、まぁ気長に待とうと決め、実際に17日待ったんですけど長かったです。

 

とりあえずコンテンツ不足の方は特に、継続した記事投稿だけはしておいた方がいいと思います。

私も、3日に一度くらいの頻度で記事の投稿をしていました。あとは待つのみです。

私はしませんでしたが、問い合わせも可能です。問い合わせ後、わりとすぐに承認されたという方のブログも目にした気がします。

審査の返答が1週間以上来なくて待てない方は、専用フォームに問い合わせてみてはいかがでしょうか。

AdSense 審査状況確認フォーム

 

アドセンスに新しくサイトを追加する方法

めでたく合格した後に、私は知ることになったのです。

サイトを追加する場合は、Google側でチェックが入るということを!!

え、審査用ブログ作った意味ないじゃん…。
聞いてた話と違うんですが…と、思いましたよ。

 

あいかわらず、コンテンツ不足のこのブログに自信はありませんでした。

しかし、やってみるしかない。少々整えて、追加ボタンから申請してみました。

追加サイト申請時のブログ状況

追加サイトの申請時
・記事数は13
・文字数は600~7000字くらい
・プライバシーポリシー&お問合せ設置
・アフィリエイトリンクあり
・YouTubeもTwitterも埋め込み有

サイトの追加方法

サイトの追加はAdsense画面左メニューの「サイト」をクリック。

 

右上の青い追加ボタンから、追加したいサイトのドメインを入力します。ひとつめのサイトを申請した時と同じように、自分のサイトにアドセンスのコードを入れて紐づけしてください。すると、このような表示になります。

申請中は「承認手続きを進めています」と表示される

審査を通過したサイトは「準備完了」と表示され、追加申請中の新サイトは「承認手続きを進めています」と表示されます。

その下に「通常は 1 日たらずで完了しますが、場合によってはそれ以上かかることもあります。」

とか書いてあるけど、10日は待つ覚悟でおりました。ひとつ目が3日と言われて17日もかかってますからね。

 

しかし、承認までの時間は本当に1日でした。およそ25時間くらい。

おめでとうメールが届く

合格のお知らせ「AdSense広告を掲載する準備が整いました」メールが届きました。

アドセンスのサイトでも確認します。

 

追加申請した新サイトも「準備完了」と表示されています。無事、承認されたようです!

 

追加サイトのチェックについて

そんなこんなで、まわり道をしてアドセンスを貼れるブログを2つ手に入れることができました。

これからアドセンスを申請する方は、Googleアドセンスのポリシーを遵守しているサイトを、ひとつしっかりと作って申請しましょう!

 

私のように、自信がないからと他に審査用ブログを作っても意味がないです。

 

しかしながら追加サイト(このブログ)は、承認時13記事しかなかったですし色々と貼ってますが、すんなり1日で通りました。

上にも書いたようにGoogleアドセンスでは、ひとつ目のサイト審査は3日間追加サイトは1日とチェック期間をアナウンスしています。推測の域を出ませんが、もしかすると追加のチェックは緩めなのかもしれません。

一度合格した実績を込みで、チェックしてくれるのかもしれませんね。

 

そう考えると、審査用ブログを作っていたことは無駄じゃなかったかもしれない。

そう、思いたい…。

たとえば、審査に落ちて何がダメなのかわからない!もう無理!という方は、審査用に別のブログを作ってみるのもありかもしれません。追加サイトのチェックが推測の通り緩めなら、落ちたサイトも追加枠で承認されるかもしれませんよ。

 

でも、信用しないでください。こんな(無駄にブログ2個つくるような)情弱の言うことは当てにせず、審査用ブログを作るときは自己責任でお願いします。

 

てこずってアドセンスを導入した割に、肝心のPV数が最弱なのでブログ収益化には程遠いのが現状です…。

この記事も何人の目に届くことやら…

 

▼その後のPV数など

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。