【Amazon】プライムデー読み放題Kindle Unlimitedが3か月無料 ➡
☆セール情報 プライムデー
♦PR♦Amazonプライムデーを最大限に活用しよう

 ※Amazonプライム会員になるとプライムデーに参加できるよ
◎新規登録で1000円分がもらえるキャンペーンも実施中
♢大特価のプライムデー2024/7/16・17の2日間!


▼プライムデーに先がけて既に実施中のキャンペーン

♢年に一度のAmazonビッグセールに備えましょう!

当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます

いくつ映画館で見た?ジブリ作品の歴代興行収入ランキング20

エンタメ
スポンサーリンク

スタジオジブリ制作のアニメ映画歴代興行収入トップ20をランキング形式でご紹介します

最新作「君たちはどう生きるか」は映画館で見ましたか?まだ上映中なのでランキングに含まれていませんが、どのあたりまで興行収入を伸ばすのか見ものですね

では、さっそく興行収入と一緒にジブリ映画の興行収入ランキングを発表していきます

歴代ジブリ映画 20位【1986年】 11.6億円

天空の城ラピュタ

歴代ジブリ映画 19位【1988年】 11.7億円

となりのトトロ
火垂るの墓
「となりのトトロ」「火垂るの墓」は同時上映でした

歴代ジブリ映画 18位【1999年】15.6億円

ホーホケキョ となりの山田くん

 

歴代ジブリ映画 17位【1984年】 22.5億円

風の谷のナウシカ

 

歴代ジブリ映画 16位【2013年】 24.7億円

かぐや姫の物語

 

歴代ジブリ映画 15位【1995年】 31.5億円

耳をすませば

 

歴代ジブリ映画 14位【1991年】 31.8億円

おもひでぽろぽろ

 

歴代ジブリ映画 13位【2014年】 35.3億円

思い出のマーニー

歴代ジブリ映画 12位【1989年】 36.5億円

魔女の宅急便

 

歴代ジブリ映画 11位【2011年】 44.6億円

コクリコ坂から

歴代ジブリ映画 10位【1994年】 44.7億円

平成狸合戦ぽんぽこ

 

歴代ジブリ映画 9位【1992年】 54億円

紅の豚

 

歴代ジブリ映画 8位【2002年】 64.8億円

猫の恩返し
ギブリーズepisode2
「猫の恩返し」「ギブリーズepisode2」は同時上映でした

歴代ジブリ映画 7位【2006年】 78.4億円

ゲド戦記

 

歴代ジブリ映画 6位【2010年】 92.5億円

借りぐらしのアリエッティ
さてここからは、いよいよ興行収入が100億円を越えるジブリ映画ベスト5の発表です

歴代ジブリ映画 興行収入5位【2013年】 120.2億円

風立ちぬ


ゼロ戦を作った実在の人物「堀越二郎」をモデルに、その半生を創作して描いた宮崎駿監督最後の映画作品

堀辰雄の小説『風立ちぬ』からの着想も盛り込まれています

 

歴代ジブリ映画 興行収入4位【2008年】 155億円

崖の上のポニョ

出典:amazon.co.jp

海沿いの街を舞台に、「人間になりたい」と願うさかなの子・ポニョと5歳の少年・宗介のファンタジックで不思議な物語

宮崎駿監督は、ポニョ発想のルーツを質問され「9歳の頃初めて読んだ文字の本がアンデルセンの人魚姫であり、そこにある『人間には魂があるが、人魚は”物”であり魂を持たない』という価値観に納得が行かなかった事が、遡ればポニョの起点なのかもしれない」と答えている。Wikipedia

 

歴代ジブリ映画 興行収入3位【2004年】 196億円

ハウルの動く城

出典:amazon.co.jp

ダイアナ・ウィン・ジョーンズの「魔法使いハウルと火の悪魔」が原作。帽子を作って暮らしていた18歳のソフィーは、荒野の魔女の呪いで90歳の老婆の姿になってしまいます。ソフィーは魔法使いハウルと出会って、動く城で暮らすようになり…

原作本はこちら

 

歴代ジブリ映画 興行収入2位【1997年】 201.8億円

もののけ姫
宮崎駿監督が構想16年、制作に3年をかけたアニメ映画の超大作。舞台は室町時代の日本。タタリ神にかけられた呪いを解くため西方へ旅立った少年アシタカは、人間でありながら神々の側につくもののけ姫と呼ばれる少女サンと出会う
ストーリーも世界観もしっかりと作りこまれて見ごたえがあります。どっぷりハマりたい人にはこちらの記事が長文ですが面白いのでおすすめです

歴代ジブリ映画 興行収入1位【2001年】 316.8億円

千と千尋の神隠し

出典:amazon.co.jp

千尋という名の少女が、引っ越し先へ向かう途中に立ち入ったトンネルから、神々の世界へ迷い込んでしまう少女の成長物語。八百万の神々や油屋や電車のシーンも含め、すべての世界観が秀逸です

第52回ベルリン国際映画祭では金熊賞を受賞。第75回アカデミー賞ではアカデミー長編アニメ映画賞を受賞しました。また、2016年のイギリスBBC主催の投票で、世界の177人の批評家が選ぶ「21世紀の偉大な映画ベスト100」で第4位

▼「千と千尋の神隠し」は日本の歴代アニメ映画の第2位でもあります

見てないのある?歴代アニメ映画ランキング【ベスト20全部おすすめ!】
...

 

※興行収入ランキングは日本歴代興行収入上位の映画一覧などWikipediaを参考にしています

※記事で使用している画像はAmazon、もしくはジブリの公式サイトよりお借りしています(ジブリでは「ご自由にお使いください」と画像を提供してくれています!公式Twitter(X)でも以下のような投稿がたまにあるので日常的にジブリ画像を使いたい人におすすめです!)

まとめ

歴代興行収入1位は「千と千尋の神隠しでした!予想が当たった人も多いのではないでしょうか

意外と今でも人気が高い「風の谷のナウシカ」や「天空の城ラピュタ」といった初期の作品は興行収入が近年よりも少ないことがわかりましたね

ジブリ作品は、1997年の「もののけ姫」から社会現象と呼ばれるくらい多くの観客が映画館に足を運び、次作2001年の「千と千尋の神隠し」で世界まで魅了したイメージがあります

何度でも見たいジブリ映画ですが、日本ではネットで動画配信を行っていません

ジブリ作品は日本で動画配信をしていない

視聴するにはDVDを購入するかレンタルする、もしくはテレビ放映を待つしか方法がないのが個人的に残念です

しかし、スタジオジブリ設立前の宮崎駿監督作品の一部は、ネットの動画配信サービスでも視聴することができます

その他、ジブリ出身のクリエイター作品も動画配信サービスで見れるものがあります

↓宮崎駿監督の初期の作品や、ジブリっぽい作品のまとめ記事↓よければご覧ください

動画配信サブスクで見るジブリじゃないけどジブリ系作品まとめ 宮崎駿監督作品など
...

 

最後までお読みいただきありがとうございました

見てないのある?歴代アニメ映画ランキング【ベスト20全部おすすめ!】
...