amazonタイムセール祭り9/20~9/23まで!参戦前に準備しよう!今回の目玉商品は?

Amazonブランド Happy Belly(ハッピーベリー)とは?ベストセラー商品もあるよ

amazon
スポンサーリンク

Amazonのプライベートブランド(PB)で、一番有名なのは「Amazonベーシック」です。

 

「Amazonベーシック」はAmazonグループが全世界で展開するAmazonオリジナルブランドですが、日本で独自展開しているAmazonブランドもいくつかあります。

 

以前紹介した「Wickedly Prime(ウィキッドリープライム)」・「SOLIMO (ソリモ)」や、今回取り上げる「Happy Belly (ハッピーベリー)」も日本独自のAmazonブランド。

 

 

今回は、ベストセラー商品も保有している食品関係のAmazonプライベートブランド「Happy Belly (ハッピーベリー)」についてご紹介していきます。

 

Amazonプライベートブランド Happy Belly (ハッピーベリー)とは

プライベートブランド(PB)とは、イオンで言えばトップバリュのこと。

全国展開しているスーパーの「トライアル」や「業務スーパー」、ドラッグストアなどでも独自のロゴが入ったプライベートブランドを目にすることが多くなりました。

 

プライベートブランドの特徴としては、メーカーが卸している一般の商品よりもお手頃価格で購入できること。

 

Amazonでも、商品名の前に[Amazonブランド]と記載のある商品がいつの間にか増えましたよね。

消耗品を中心にAmazonプライベートブランドがいくつか展開されています。

 

Happy Belly (ハッピーベリー)は、Amazonブランドの中でも生活に欠かせない食品や飲料を扱っているプライベートブランドです。

英語でHappyは幸せ、Bellyはおなか。おなかを幸せに、食卓に笑顔を、という願いからHappy Belly(ハッピーベリー)ブランドは生まれました。

 

「おなかを幸せに、食卓に笑顔を」というコンセプトのもとでお米・水・コーヒーなどの商品が展開されています。

 

スポンサーリンク

[Amazonブランド]Happy Belly のベストセラー商品

日本で独自展開しているAmazonプライベートブランドは商品がまだ少ない印象ですが、Happy Belly (ハッピーベリー)は商品点数が比較的多め。

 

▼毎日、口にするような定番の飲食物を取り揃えています

お米・玄米・パスタ・水・スポーツ飲料・ゼリー飲料・コーヒー・レトルトカレー・青汁・麦茶・フルーツグラノーラ

 

これらHappy Belly (ハッピーベリー)の商品で、ベストセラーになっているのが玄米!

玄米というのが意外ですが、健康志向が高まっているので日常的に玄米を食べる人が増えているのかもしれません。玄米は、白米よりもビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富と言われています。

 

お米の品種も、北海道で最も食べられている「ななつぼし」。

産地もはっきりしていて、農薬節減米(従来より農薬の使用回数を5割以下に削減して生産されたお米のこと)というのも人気の所以でしょう。

 

もうひとつのベストセラー商品は、パックご飯!

20個も入っているので、時間のない社会人に人気があるのではないでしょうか。

 

新潟県産コシヒカリ使用で、保存料不使用製造は「越後製菓」です。

 

新潟県産コシヒカリの中でも、「特別栽培米」だけを使用しています。

特別栽培米とは、農林水産省が定めた「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」に従って生産された、化学合成農薬および化学肥料の窒素成分を慣行レベルの5割以上削減して生産したお米のことです。

パックご飯も、玄米と同じように農薬削減・産地がはっきりとしているのにお手頃価格。

 

Happy Belly のコスパに優れた商品

ベストセラー商品以外にも、コストパフォーマンスが高い商品があります。

 

しかも、有名企業が製造しているAmazonプライベートブランド商品です。

 

▼スパゲッティ 5㎏ 1580円

パスタは、「はごろもフーズ」が国内製造しています。

レビューにもあるとおり、中身は はごろもフーズの「ポポロスパ」ではないかと言われています。

 

袋の破裂防止のため空気穴が開いている点とパッケージが違う以外は、ほぼ「ポポロスパ」。

100gあたり32円と安い上に大容量なのが便利です。

 

▼ドリップコーヒー 100p 2130円

「UCC上島珈琲」が製造者となっています。

 

本家の「UCC 職人の珈琲ドリップコーヒー 深いコクのスペシャルブレンド 100杯」が税込み2,322円ということで価格的にも、Amazonブランドがお買い得です。

  • [Amazonブランド]HappyBelly  21.3円/1袋
  • UCC 職人の珈琲ドリップコーヒー 23.2円/1袋

 

▼ただ、本家には120p入り(2,592円)のものもあり、1袋当たり21.6円なのでそうなると大差ないですね。

 

まとめ

AmazonのHappy Belly (ハッピーベリー)は、毎日食べる食品や飲料をまとめ買いできるプライベートブランドでした。製造者も大手なので安心して購入できそうです。

家まで配達してくれることを考えたら、かなりお買い得ですよね。

 

AmazonのセールがあるときなどにはAmazonブランドが通常よりも安くなる場合があるので、セール時期にチェックして購入してみようと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

▼他のAmazonプライベートブランド

amazonギフト券キャンペーンで1,000円分得する方法【2019年版】
...
【amazonタイムセール祭り2019】必ずやるべき事前準備まとめ!
...